教育課程・進路

Q&A

大学受験指導体制

大学受験のための指導体制には、どのようなものがありますか?

放課後補習講習を制度化し、生徒の高い学力を養うとともに、選抜クラス・類型別クラス・グレード別授業を導入し、学習の到達度・進路に適した編成を行い、進学実績に効果を出しています。

ゼミナール・演習授業

正規の授業以外では、どのような方法を取っていますか?

ゼミナール・演習を授業時数の中に組み込みます。3年次に実施しています。各教科毎のテーマに十分な時間をかけて幅広い研究を行うゼミナール、大学入試問題に主眼をおいた演習で、進学に向けた実力養成を図っています。

夏休み学習合宿

夏休みなどに特別なプログラムがあるのですか?

中学・高校とも2年の夏期休暇に学習合宿を実施。学習への意欲向上を図っています。また、全学年とも受験希望者を対象に夏期講習を行い、国・社・数・理・英5教科の学力増強を目指しています。

進路懇談会

進路に関する話し合いの場はどうなっていますか?

学期に1回、生徒本人・保護者・担任との懇談会を実施しています。実力テストや定期テストの結果に基づき、本人の希望を生かしながら、適切な指導助言を行っています。