教育課程・進路 - 駒込高校教育プログラム

駒込高校教育プログラム

高校における3年間は、将来に向けて進路を明確にし、志望大学合格を目指して実力を高める時期です。
駒込学園では、密度の高い授業はもちろん、補習、講習、学習合宿なども用意し、学力アップに努めます。

さらに、経験豊富な教師陣による的確なアドバイスによって、現役合格を強力にバックアップします。

高校教育概要

クラス編成は、国公立・難関私大を目指すスーパーアドバンスコース、難関私大を目指すアドバンスコースA・Bからなります。クラスを細分化することによって習熟度が同等の生徒が集まり、知的好奇心をつねに刺激する学習体制を構築しています。このコースによるクラス編成を1年次から展開することで、早い段階から受験を見据えた深みのある授業を行います。豊富な経験に裏打ちされた教師陣の指導には、現役生・卒業生に定評があり、その強力なサポートのもと、どのコースの生徒も志望大学への現役合格を目指します。

進学体制

駒込学園では、高校入学者全員が進学希望であることを前提に、志望進路に合わせた指導体制を整備しています。また、当学園は、入学後に成績がグンと伸びることでも定評があります。勉強方法やメンタル面など、あらゆる角度からそれぞれの生徒に適した指導を行っており、それが本来持っている力を引き出すことを可能にしています。

進学体制

国語科

生徒主体の授業によって、自ら考える力を養います。

高1では、国語総合として文章を読み解く練習を行います。

高2、高3では、現代文として明治以降の作品を取り上げ、

ものの見方、感じ方、考え方を深めます。文系では、並行して古典を学びます。

英語科

英語を通して、世の中のことに興味を持って欲しいです。

高1では文法を理解し、高2では基礎文法をもとにして、

複雑な文を読む技術を習得します。さらに、高3では多くの文法に接し、

筆者の主張、要旨を的確に、かつ素早く把握できるような読解力を養います。

数学科

大学の出題傾向を見極め、受験に役立つ授業を行っています。

高1、高2では、数学T・Uでさまざまな方程式や関数、図形などを、

数学Aで場合の数と確率を中心に学びます。 理系は、高2でさらに数学Bも履修し、

高3になると数学V、数学Cまで奥深く学習します。

理科

受験を見据えた実践的な授業で、志望校合格を目指します。

高1の理科総合Aでは、化学Tを中心に学習します。

高2以降、理系は化学と、物理・生物のうち1科目を選択して深く学び、

文系では理科総合Bとして、地球の誕生、進化について考えます。

社会科

物事には必ず因果関係があることを歴史から学んでもらいたい。

高2、高3では、国公立・難関私立大学受験を視野に入れて学力を養成します。
1科目に的をしぼることで、最大11単位履修することができ、3年間を通して、

より深く、より詳細な内容まで学ぶ機会を与えています。

芸術科

高校の芸術は、音楽・美術・書道の3科目から1科目を選択します。

高1、高2で、各2単位を習得します。書道・美術では、

テーマに従って制作を行い、音楽ではグループで発表会を実施します。

音楽
表現する楽しさ、世界の音楽を知るきっかけを提供していきたいです。
美術
芸術は自分を表現する場。型にとらわれずに、発信してください。
書道
芸術という観点から、多角的に書を学びます。

学習合宿

対象:高校2年の希望者

期間:6泊7日

 

夢を実現した生徒が、学習合宿を振り返って「自分もやればできると自信がつき、その後積極的に勉強できた」 「友人の真剣さに刺激された」と語っている通り、一人で同じ時間勉強することと比べて何倍もの成果があります。それには、先生や友人と寝食をともにし、全員のモチベーションが高まるというのも理由の一つです。

 

 

ゼミ・演習授業

志望大学の受験科目に応じて最適な科目を受講し、効果的に学力アップが図れるよう、ゼミ・演習を実施。演習は受験対策、ゼミは課題別特別授業として設けています。

高2では必修で、1コマ(2単位)ないし2コマ(4単位)を選択します。

高3では選択授業となり、文系進学コースでは2コマ(4単位)以上、文系特別進学コースと理系コースで数学演習を履修した生徒は、1コマ(2単位)以上を履修します。